味噌パーティー

 12月10日(土)に味噌パーティーを一部・二部に分けて行いました。

今年は一部を5歳児親子と一年生親子との交流と、地域のお世話になっている方や、昨年度までみえた先生をお招きしての会食会としました。一緒にうたを歌ったり、一年生に「朝、学校へ行く時間は何時ですか?何時に起きますか?休み時間には何をしていますか?学校は楽しいですか?」など自分達で聞きたいことを、事前に考えていたので質問して答えてもらいました。朝、学校へ行く時間を聞いて改めて、生活リズムの大切さを考えることができました。また、通信で事前に5歳の親さんから質問を聞いていたので、一年生のお母さんにも回答していただき交流しました。

そして、パーティーの主役「味噌オープン」をしていい色になった味噌を確認し、給食室で豚汁にしてもらいました。一部の締めは、子ども達が楽しみにしていたドッチボール対決です。とっても盛り上がり2回戦目は、前小鳩保育園の先生にも入ってもらい大喜びで楽しんでいました。参加してくださった先生方、ありがとうございました。

こうして交流している間には朝から、快く「ご飯炊き隊」をかって出てくれたお父さんたちが、7升もの「さつま芋ご飯」を炊いてくれました。このご飯炊き隊の総括を、スーパー主任が取り行って、火を引くところなど伝えていましたが、みなさん初めてくどを使いお釜でご飯をたくので、事前においしいご飯を炊くにはどうすればいいのかを調べている方もいて、そのお陰でおかわりも出来るほど炊けました。ありがとうございました。

 二部は、てんとう組とくわがた組の部屋を開放し、在園児・2年生になる卒園児に来てもらい会食会をして交流してもらいました。今年初めての二部制の味噌パーティーでしたが、今後は二部を、こばと保育園に関わる方が気軽に来られる同窓会みたいな会にしていけたらいいな…と思っています。