焼き焼き誕生会

 昨日は2月の誕生会と焼き焼きの会を行いました。

誕生会は毎月その月に生まれた子を全員でお祝いします。みんなの前で一人一人誕生日の歌を歌ってもらいます。子どもたちにとって一つ大きくなるお誕生日は最高に幸せな時です。まわりの大人たちもかわいい子どもの命の輝きを感じる時ですね。

 焼き焼き会は、今まで何回か5歳児さんから4歳児さんに伝授してきた火おこしを、この焼き焼き会では5歳児さんの見守りの中、4さい児さんが中心になってやり、345歳児がグループごとに七輪で焼いて食べる会でした。

 12歳児も部屋の前のテラスで先生に焼いてもらって、同じように食べました。

 この会で4歳児さんの張り切りを感じました。また、5歳児の見守りながらも心配で手を貸したくなる様子もかわいい姿でした。3歳児は憧れの気持ちで大きい子を見ていました。

 


節分

 今日は節分の日でした。

オニからの手紙をもらった日から今日までいろんな取り組みをしながら、子どもたちは自分の中にあるムシ(弱い虫や悪い虫)に向き合って「鬼に取ってもらう!」でも、本当に鬼が来たらこわい!

 だから、鬼の嫌いなもの(あせぼの木、びんかの木、柊、鬼札、いわし)を用意したり、おうちから持ってきたり、かやの木保育園の裏のむしゃむしゃの森に取りに行ったりしました。

 昨日は畑で取れた大豆を炒りました。これは、豆まき用です。今日は年の数だけ食べるように炭火で豆を炒りました。そして、鬼の嫌いなびんかやあせぼの木を燃やして、二つの音の違いを聞きました。

「鬼はこの音が嫌いなんだよ」「柊は燃やしても音がしないけど、とげとげがあるから、おにの目パチクリンコって言って、目に刺さると痛くて逃げていくんだよ」と話を聞きました。

 そのあと子どもたちは部屋に入って、「年の数の豆」を食べていると・・・

 門の方から赤鬼と青鬼が!

鬼たちは5歳4歳3歳2歳1歳の順に部屋を回っていきました。子どもたちの「鬼は外!福はうち!」の歓声と豆まきに退散した鬼たちでしたが、「みんなの悪い虫をとってやる!」と言って、遊戯室の前にどんと腰を掛けていました。

 子どもたちは二人でペアになって鬼のところに行って自分のムシを取ってもらいました。

 自分の番が来て取ってもらうと、それまで心配そうに見えた顔が晴れ晴れとしているのがかわいかったです。

 最後に先生たちも順にムシをとってもらいました。

 鬼さんとのお別れは「ばいばーい」「またね」とか言っている子もいました。

 (鬼は理事さん監事さんがやってくださいました。ありがとうございました。)

 七輪でイワシを焼いてもらって食べました。いいにおいがしてきて、子どもたちは炭火のにおい、豆を炒るにおい、イワシを焼くにおい・・・嗅覚も抜群にはたらいた一日でした。


2歳3歳4歳児対象の交通安全教室

 今日は、2歳3歳4歳児を対象にした交通安全教室でした。

 2歳児さんは信号ってなんだ?ということで、信号機の赤青黄色の色にかくれたドラえもん、ドラミちゃん、アンパンマンが登場しました。そして、チャイルドシートに乗ることなど、命を守ることのDVDを見ました。

 3歳児4歳児さんは遊戯室で、実際に右よし左よし後ろよし、信号の青を見て右手を上げて横断歩道を渡ることの指導を受けました。

 そして、横断歩道の先にお店屋さんがあって、ラムネを買い物しました。

 こうして、子どもたちが自分で意識をもって交通ルールを守ることを学ぶことが大切だと思います。


年神様をお迎えします

 年末に年神様を迎える準備をしました。

主任の先生から話を聞きました。

豆、栗、柿、たつくり、昆布、橙、そしてお餅つきの時に5歳児さんが作ってくれたお鏡餅で

「まめ(豆)でくりくり(栗)かき(柿)たつ(たつくり)ように、よろこんぶ(昆布)、せんぞだいだい(橙)しあわせになりますように」

という事を教えてもらった5歳児さんは自分で「まめでくりくり~」と言いながら、保育園中の部屋に飾ってくれました。

 新年が皆さんにとって良い年になりますように。2018年度保育園へのご支援とご協力ありがとうございました。

(年末にアップした言葉が保存されていなくて、新年になったしましました(^^;)


素敵なクリスマス会でした!

 朝、どこからか鈴の音が聞こえてきました。子どもたちは、自分たちの作ったブーツが何故か朝来たら無くなっていることに気付き、「きっとサンタさんが持って行ってプレゼントをいれてくれるんだ!」と期待のまなざしでキラキラしていました。

 今日の会は12月生まれの誕生会とクリスマス会です。

 初めに誕生会。一つ大きくなったことをみんなにお祝いしてもらいました。

 クリスマス会では、コーラスの「コールスワニー」さんに来ていただき、美しい歌声をこばと保育園中に響かせていただき、心がリフレッシュしました。

ありがとうございました。

 そして、鈴の音と共にサンタクロースの登場です。

 今年も優しいサンタさんが来てくださいました。子どもたちはまたまた目を輝かせました。

 サンタさんのところで一人一人名前を呼んでもらい、プレゼントをもらいました。そして記念撮影もしました。

 最後にサンタさんに「どうして子どもたちにプレゼントを持って来て下さるのですか?」と質問をすると「それは、一人一人がかけがえのない、大切な子たちだからだ」と言われました。

 おりこうにしていないとサンタさんがプレゼントを持って来てくれないよ!と言ってしまいがちですが、ちがいますね。

 子ども一人一人の存在がかけがえのないもので、どんな子にも平等にサンタさんはプレゼントを下さるのだとあらためて思いました。


お餅つき★

 今日は、こばと保育園のお餅つきの日でした。

 子どもたちはエプロンと三角巾、マスクをして張り切りました!

 はじめに5歳児さんと3歳児さんのペアでお餅をつき、5歳児さんがお鏡餅としてお餅を丸めました。やわらか~い!お餅の感触がとてもよかったです。

 二臼目は、4歳児さんと2歳児さんがペアでつきました。

 そして、3臼目は、5歳児さんが一人で力いっぱい頑張りました。

 ついたお餅は会食で345歳で一緒にいただきました。

 おいしくて、いっぱいお代わりをした子どもたちです。


くわがた★れすとらん★

 今日はくわがた組さんが、「れすとらん」をオープンしてくれました。

 かわいらしい店員さんたちがお客さんを「いらっしゃいませ~」と案内してくれました。

 今日のお客さんは、ちょうちょ組さんとてんとう組さんです。

 お客さんたちもワクワクうれしそうです。

 ハンバーガーとドーナッツ、ジュースの自動販売機と抽選コーナーのある「れすとらん」でした。

 ちゃんとレジもあって、なかなか本格的なレストランでした。

 イートイン出来るテーブルにはクロスがかかっていて、おしゃれです。

 くわがたさんのお仕事ぶりがとっても素敵でよく気が利く店員さんが多くて、おいしいハンバーガーとドーナッツで

星★★★★★のれすとらんでした。

 今日はお客さんになる予定ではなかったかぶと組さんが廊下から見ていて、お誘いを受けてお客さんになってくれました。

 楽しい時間でとっても盛り上がった「れすとらん」でした。


こばとの伝統☆味噌パーティー

 土曜日は、こばと保育園の「味噌パーティー」でした。この日のために5歳児さんは会場の飾りつけをしてくれました。

 この会は、昨年度、親子で仕込んだ味噌の出来上がりを祝って、みんなで味わう会です。

 この会の一部として、卒園していった1年生親子と5歳児親子が交流し合います。この春退職された園長先生、育児休暇に入っている卒園児の担任だった先生、かやの木保育園に異動になった先生も来てくれました。

地域からは、いつもお世話になっている永楽会の方、主任児童委員の方も来て下さり、ありがとうございます。かやの木保育園の先生も来てくれました。

 朝早くから、保護者会の有志のお父さん方がお釜でお芋ご飯を炊いてくださり、味噌パーティーを一段と盛り上げてもらえました。

 大きくなった一年生の子たちは、自己紹介、質問コーナーでさすが一年生!という姿を見せてくれました。5歳児かぶと組さんは一年生になることが楽しみになったと思います。

 二部では在園児親子が集まり、交流しながらみんなで豚汁とお芋ご飯を味わいました。

 この味噌パーティーを楽しくてほっこりと体も心も温まる会にしたいと職員一同が願い、老いも?若きも?みんなで準備をしてきました。

 こばと保育園で大切にしている伝統ある「味噌パーティー」中身に込められた思いはなかなか奥が深いと感じています。

 


中島工務店さん楽しい体験をありがとうございました。

 今日は「中島工務店」さんのイベントに参加させていただきました。

 中島工務店さんは、現在、川上流路工事をやってみえます。

 今回はご縁あって、地域の保育園であるこばと保育園の5歳児を招待して下さり、工事現場での楽しい見学会を開催していただきました。

 子どもたちは前日からとても楽しみにしていました。

 出発時は保育園にお留守番する子たちに見送ってもらい、5歳児さんたちはワクワクしながら出かけました。

 現地は「川上」のバス停近く、中島工務店の方が大勢で迎えて下さいました。

 挨拶と今日のお約束のお話を聞いて、さっそく「シャボン玉」をやらせてもらいました。そして、重機バックホウの動くところを実際に見せてもらいました。

 そして、出来上がったカルバート内にチョークでお絵かきをおもいっきりさせてもらいました。

 どこにかいてもいいよ!思いっきり描いていいよ!と言われて、場所替え色替えて自由に描く絵は小さな画伯でした。

 最後には「ドローン」での撮影をしてもらえて、子どもたちは大満足の時間を過ごさせていただきました。

 「子どもたちに工事現場で働く姿に関心を持ってもらいたい」と言って見えましたが、子どもたちの世界が広がったと思います。

 中島工務店さん、ありがとうございました。


今日は祖父母参観でした

 今日は祖父母参観でした。

近くに住まわれていて、いつもお世話になっているおじいちゃんとおばあちゃん。

祖父母参観のために遠くからはるばる来て下さったおじいちゃんとおばあちゃん。

本当にありがとうございました。

子どもたちは昨日からとっても楽しみにしていました。

 参観では子どもたちの特技を見ていただいたり、歌やビュンビュン独楽の披露、一緒にお散歩やふれあい遊びなど、

いろんなことをこどもたちと一緒に過ごしながら楽しんでいただきました。

 各クラス、大豆をさやから出すこともやっていただき、その中で3歳児のクラスではYくんのおじいちゃんがおうちで大豆を出すための叩き棒を作ってきて下さり実演してくださいました。初めての体験の子どもたちや祖父母の方もみえていい経験が出来ました。ありがとうございます。

 どのクラスも空気がやわらかく優しくて、さすがおじいちゃんおばあちゃんだと思いました。

 子どもたちだけでなく私たち職員もいい時間を過ごさせていただきました。

 大好きなおじいちゃんやおばあちゃんと写した写真は後日プレゼントされます。


中村サロンのおともだちこんにちは!

 今日は地域の中村区子育てサロンに4歳児さんが参加させていただきました。

 サロンに参加されている親子さんの前で歌や最近夢中になっているビュンビュンごまのいろんな回し方を披露してきました。「かっこいい!」「上手だね」と言われて得意そうな子どもたちでした。

サロンの先生に「運動会見に行ったよ。忍者かっこよかったね。」と言ってもらって、うれしかったです。

 サロンの先生やスタッフの方が作って下さったペットボトルのボールでサロンに来ている子と交流しながら遊ばせてもらい、おやつまでいただきました。

 サロンの先生とスタッフの方々、楽しい時間をありがとうございました。

 


石焼き芋おいし~い

 畑で収穫したさつまいもで石焼き芋をしました。

 こばと保育園にはとっても素敵な石焼き芋機があるんです。何年か前に贈呈されたものです。

 子どもたちは朝からお芋を洗い、ホイルで巻きました。あおむし組さんも巻きました。

 火の番は主任の先生が中心になってやってくれました。

 午後のおやつにいただきましたが、とっても甘くておいしくて、子どもたちはいっぱいお代わりをしました。

 またやりたいね!と話しています。

 遊戯室では大豆のさやとりもしました。


はとぽっぽ広場

  こばと保育園では未就園の子とおうちの方を招いてのあそびの広場「はとぽっぽ広場」を行っています。

 今回は今年度になって3回目の開催でした。

 保育園の子たちが畑のお芋ほりをしたばかりなので、広場に集まってきた子たちにも「お芋ほり体験」ということで、5歳児の子たちが紙でお芋を作ってくれました。そして一緒に「うんとこしょ」と引っ張ってくれました。

 そして、自然の物を使ってのあそびを先生に紹介してもらい、広場に集まった子たちはとても喜んで遊んでくれました。

 次回は2月5日(火)です。

皆さん、こばと保育園にお越しください。


大豆の収穫もしました

 親子で植えた大豆が育って、少し前には枝豆として食べました。

 そして、いよいよ大豆の収穫の日です。「うんとこしょどっこいしょ!」根っこが張っていてなかなか抜けません。みんな頑張って抜きました。

 畑で葉っぱと根っこを切り取ってから、保育園の軒に乾燥させるために吊るしました。

 祖父母参観でさやから豆を外して、乾燥させて、冬にはその大豆で味噌つくりをします。


豊作のサツマイモの収穫

 今週は畑の収穫週間でした。

まずは「こばと農園」のサツマイモ堀です。

5月に植えたさつまいもの苗がどんなお芋をつけているのか…ワクワクしました。

 みんな夢中になって掘りました。

あおむし組の子たちも一緒です。かやの木保育園の子たちも来てくれてみんなで掘りました。

「おおきーい!」「だれか手伝って!」と言いながら掘り上げたお芋に大感激!

 その日はおうちに一本ずつ持ち帰り、家族でお味見してもらいました。

 あとのお芋はこれから保育園でクッキングや焼き芋でいただきます。


消防署へ園外保育

 いいお天気の園外保育でした。

中津川消防署まで2歳児から5歳児までみんなで出かけました。

 消防署ではレスキュー車を見学用に出してくださり、子どもたちは大喜びでした。

 市内の中学生のお兄さんが体験学習に来ていて、そのレスキュー車に乗る体験をみんなで見せてもらいました。

 消防署の署長さんのお話も伺いました。

 消防署のあと、中津川の河川敷でお弁当にしました。


サツマイモの収穫の前に!

  5月の末に、2歳児さんから5歳児さんはさつまいもの苗を畑に植えました。

その収穫の時期が来ました。

 23日にかやの木保育園の2歳児と収穫をする予定になっていますが、その前に収穫の喜びをいろんな形で園全体で喜び合いたい!と考えています。

 今日はサツマイモのツルをみんなで取ってきました。リースや首飾りをつくったり、主任のM先生が教えてくれる「サツマイモの茎の炒め煮」をするために、茎の皮むきとあく抜きをしました。

 子どもたちがとても根気よく指先を使って皮をむいて、今の時代ではなかなか体験できないことを経験できました。

 そのみんなで取り組む戸外の楽しい空気がとってもしあわせな気持ちにさせたのでしょう。かぶと組の子たちは「給食も外で食べたい!」と言って、「よし、そうしよう!」と決まると、それからは支度の早いこと、さすがです。

青空の下で茎のクッキングをしてもらって、みんなで「うまっ!」「おいし~い」と言ってお替りコールがいっぱいの大盛況でした。

 

 


たのしかったね。バス遠足!

 昨日は3、4、5歳児のバス遠足でした。

子どもたちはとっても楽しみにしていました。

 行き先は「ふれあい牧場」です。

 大型バスに乗って、バスの中の歌声も元気いっぱいでした。

 ふれあい牧場はたくさんの動物たちがいて、しかもその動物たちと触れ合うことができるという、まさに「ふれあい牧場」という名前がぴったりな、子どもたちにとってもマッチしたところです。子どもたちは人参を馬に食べさせたり、ウサギを抱っこしたり、ヤギに藁を食べさせたりしてたのしみました。

 お昼にはおうちの方の愛情のこもったお弁当を345歳のグループでいただきました。

お忙しい中での手作り弁当ありがとうございました。

 牧場を一回りして、最後にお楽しみのソフトクリームをみんなで食べて、保育園行きのバスに乗り込みました。帰りの子どもたちの顔は心もおなかも満腹といった顔でした。

 子どもたちのバス遠足に保護者会よりバスを出していただきありがとうございました。

 ふれあい牧場さんにもたくさんのやさしさとサービスをいただきました。ありがとうございました。